ダイエットには運動が必要だけど闇雲にやってるとダメだよって話

ダイエットといえば、ジムに通ったり、ランニングしたり。とにかく運動が大事ってイメージですよね。
食事制限とかもあるけど、それでも運動は絶対に取り入れなきゃならないんですよね。どんなダイエット方法を選ぶにしてもね。
その運動を続けるのって難しいからこそ、毎日しっかりと運動が習慣化してると、ダイエットがうまくいってる感を感じちゃいません?
それが、実はそうとも言い切れないみたいなんですね。
とにかく運動を続ける!って思って頑張ってたのに、なかなか痩せずにむしろ太ってしまった、なんて笑えない事態になることもあるみたいです。

その原因の多くは、適切ではない分量の運動をすることによって極端に空腹感を感じてしまい、食べ過ぎてしまうことにあります。
何事も無理していては続かない、ということですね。

他にも、体重を減らすことによって基礎代謝が落ちてしまうことによって、結果的にあんまりダイエットには貢献していない、みたいな結果もありえます。

逆に体重が増えてしまった・・・ってパターンも結構あります。
これは割と想像がつきやすいかな、と思うんですが、運動による筋肉量の増加のため、運動を習慣化する前よりも体重が増えてしまっているということです。
脂肪と筋肉では、筋肉の方が重いですからね。見た目的にほっそりしたのに、体重をはかってみると増えていた、なんて場合はこのパターンです。
これは全然悪いことではないんですけど、ある程度の女性らしさを残しながら体重を落としたいという場合は気にしたいところです。