ダイエットの結果が出なかったりリバウンドするのは基礎知識を押さえていないからかも

ダイエットってなかなか結果が出ないですよね。
私もいろんなダイエット方法を試してきましたが、万年ダイエッターなことからもわかると思うんですけど、ぜんぜんうまくいってないです。
一時的に体重が落ちて痩せることはわりとあるんですけど、すぐにリバウンドして元どおりになっちゃったり、むしろ以前よりも太ってしまったりなんてこともザラであったりして。

無理にご飯を抜いたりしても結局は続かないんですよね。健康的に体重を減らさないと、続けることができないのはもちろんだし身体に悪影響まで出ちゃいますから。
そこで備忘録として、ダイエットする時に頭に入れておくべき基本的な知識をまとめておきます。

野菜を食べる
とくに緑黄色野菜を食べることが大事です。ほうれん草やチャイブ、クレソンなどの緑黄色野菜は健康的なからだづくりをサポートしてくれますし、体重の減少という面でも優秀です。

砂糖を控える
砂糖はできるかぎり撮らないようにします。ジュースとか炭酸飲料はもちろんですが、ドレッシングやソースなどにも多く含まれていたりしますので要注意。

ゆっくりと減量する
急激なダイエットより、週に0.5〜1.5キロ程度の減量にとどめること。長期的に取り組まないと、習慣として根付かずリバウンドするから。

どんなダイエット法にも運動は取り入れる
運動は、体重減少の直接的な要因にはならないですが、健康や基礎代謝の面から見てもダイエットと切り離すことはできません。
運動を過剰にしすぎる必要はないですが、空腹を感じすぎない程度には続けて行なっていきましょう。
おすすめは、日々の生活に少しづつ取り入れていくこと。車通勤を自転車に変えたりするってことですね。
なお、運動は午前中の空腹の状態で行うと、脂肪を燃焼させやすいカラダ作りに役立つことが判明してきています。

低脂肪や低カロリーと書いている商品だからと言って、ダイエットに役立つとは限らない
アイスクリームやヨーグルトなど、低脂肪や低カロリーを謳っている商品って多いですよね。低脂肪や低カロリーって書いていると、量を気にせず食べちゃってもいい気がしてしまいませんか?
こういったヘルシーっぽい商品って、低脂肪にしたり低カロリーにするにあたって、元の味に近づけたりおいしく感じられるようにするために、糖分や人工甘味料がたくさん加えられていることが多いんです。
少しぐらいならいいですが、食べ過ぎはダイエットの敵どころか健康に悪影響なので気をつけましょう。

油分は健康的で上質なものを取り入れる
ダイエットといえば、なによりもまず油分を控えることが頭に浮かぶかと思います。
けど、油分は人体に必要なものだし、良質な油分ならダイエットにも健康にも良い影響を与えます。オリーブオイルなんかは有名ですよね。
その他にも、アボカドやナッツの油分、魚の油分は積極的に摂取したい良質なオイルです。

ダイエットには運動が必要だけど闇雲にやってるとダメだよって話

ダイエットといえば、ジムに通ったり、ランニングしたり。とにかく運動が大事ってイメージですよね。
食事制限とかもあるけど、それでも運動は絶対に取り入れなきゃならないんですよね。どんなダイエット方法を選ぶにしてもね。
その運動を続けるのって難しいからこそ、毎日しっかりと運動が習慣化してると、ダイエットがうまくいってる感を感じちゃいません?
それが、実はそうとも言い切れないみたいなんですね。
とにかく運動を続ける!って思って頑張ってたのに、なかなか痩せずにむしろ太ってしまった、なんて笑えない事態になることもあるみたいです。

その原因の多くは、適切ではない分量の運動をすることによって極端に空腹感を感じてしまい、食べ過ぎてしまうことにあります。
何事も無理していては続かない、ということですね。

他にも、体重を減らすことによって基礎代謝が落ちてしまうことによって、結果的にあんまりダイエットには貢献していない、みたいな結果もありえます。

逆に体重が増えてしまった・・・ってパターンも結構あります。
これは割と想像がつきやすいかな、と思うんですが、運動による筋肉量の増加のため、運動を習慣化する前よりも体重が増えてしまっているということです。
脂肪と筋肉では、筋肉の方が重いですからね。見た目的にほっそりしたのに、体重をはかってみると増えていた、なんて場合はこのパターンです。
これは全然悪いことではないんですけど、ある程度の女性らしさを残しながら体重を落としたいという場合は気にしたいところです。

夏バテ解消に効果的な食材と料理で暑い夏でも快適にダイエット

今年の夏はめちゃくちゃ暑い。すっかり夏バテ状態の私です。
食欲もなくなっちゃうので結果的に痩せてダイエットできたーって思ったりもしますけど、体調を崩しちゃったら意味がないですよね。
最近フラフラだし日中はぼーっとするし、しっかり食べないとなあ・・・って感じです。

夏バテ気味な時でも食べやすいといえば、代表はそうめんでしょうか?
けど、どう考えても栄養ないですよね。
クソ暑いときでも食欲がわいて栄養価の高い食べ物って何かないかな?って調べてたんですけど、そういえば暑い国の料理を食べればいいんじゃない?ってところに思い至りました。
それで色々調べたところ、インドで使われている食材や食べられている料理が夏バテしてる時にぴったりなことが判明したので、まとめます。
しかも、全体的にヘルシーなものばっかりなので、ダイエットにも良さそうです。

スイカ
92%が水分でできているって知ってました?だからこそ、夏の水分補給にはぴったりですよね。
暑いとものすごく汗をかいて脱水症状にもなりやすいので、その予防にも役立ちそうです。
ウリ科にはデトックス効果があり、むくみをとってくれることでも知られているので、スッキリしたい時にもいいですね。

白身魚
暑い日はクーラーの効いた室内で過ごすことが多いと思いますが、それだとビタミンDが不足してしまいます。
白味魚にはビタミンDがたくさん含まれているので、夏場のビタミンD補給にぴったりです。

ラッサム
南インドの家庭料理で、日本でも南インド系カレーを提供しているお店では定番のラッサム。
トマトをベースにニンニク、黒コショウを効かせたスープです。
トマトの酸味とスパイス感で夏バテ時にはぴったり!
ビタミンA、ビタミンC、カリウム、マグネシウム、鉄、などが栄養素も豊富に含まれています。
ダイエットの大敵である便秘を予防するのにも効果的みたいなので、これはぜひ取り入れたいですね。
そういえば、トマトは紫外線対策にも効果的な食材なんですよね。UVから目や肌を守ってくれるので、ラッサムに限らず夏には積極的に食べたいです。

ヨーグルトシャーベット
インドでは、デザートに自家製のヨーグルトシャーベットを食べるようなんですが、これを夏のアイスクリームの代わりに食べるといいみたいです。
ヨーグルトなら低カロリー低脂肪ですし、さっぱりしますからね。

ダークチョコレートがダイエットにいいと聞いたので調べました。

チョコレートって、いかにもカロリーが高い感じでダイエットには絶対向いてないと思ってたんですが、それがそうでもないみたいです。
なんでも、ダークチョコレートならダイエットにも問題ないみたい。
ダークチョコレートというのはカカオ分を多く含むチョコレートのことで、健康面でもいい影響があると言われているため最近は人気ですよね。ハイカカオをウリにした商品ってすごく増えましたし。

何がいいって、健康効果があるポリフェノールがいいって言われてますよね。
活性酸素を抑える効果があるから、シワなどの老化現象、生活習慣病をおさえる働きがあるみたいです。エイジングケアってやつですね。
動脈硬化にもいい影響が期待できるということなので、現代人にはぴったりなダイエット食材なのかも。

最近では、スーパーやコンビニに行くと、どこでもハイカカオチョコレートが売っていますね。
有名どころでは、明治のチョコレート効果でしょうね。
カカオ70%のチョコレートですが、甘味とのバランスがよくスッキリしていて食べやすいので私も好きです。
値段は200~300円ぐらいなことが多いかな?

イオンによく入っている、カルディコーヒーファームにも70%のダークチョコが売ってます。
これはココアバターの油分だけを使ったダークチョコレートです。
100円台後半で手に入るので、少量をとりあえずお試しで食べてみたい時にはこちらがいいですね。
フェアトレードのチョコレートっていうのもちょっと嬉しい。

高級チョコのブランドにも、当然ダークチョコレートはあるわけでして。
その代表はやっぱり、GODIVA(ゴディバ)のダークチョコレートですかね。
そういえばコンビニに限定商品で、ゴディバのチョコレートドリンクが売ってましたけど、あれはさすがにダイエットにはNGかな?

ダークチョコレートならダイエットしてる時でも食べていいよ!って言われたら、いくらでも食べてしまいそうです。
絶対太りますよね、それじゃあね。
チョコレートって、食べると幸せな気分になるエンドルフィンやセロトニンが分泌されるとのことなので、ダイエットでイライラしてる時に、息抜きにちょっとだけ食べるっていうのが賢い取り入れ方かな?